1.png

WDC 2022 JAPAN FINAL RESULT

[KIDS]

BEST8

菜花 vs VATO$ ◯
◯Rampagers vs NAUGHTY
◯Calmlava vs ⅡBabyZ
◯Ferocious vs うーちーズ

 

BEST4

VATO$  vs Rampagers ◯
Calmlava vs Ferocious ◯

FINAL
Rampagers vs Ferocious◯
優勝: Ferocious

WDC 2022 PHOTO_10.jpg

[WAACKING]

BEST8

◯Rm sister[Battle guest] vs PartyPartyAdultPeople(PPAP) 
armonia vs YUKiNO&MEME ◯
◯ musica vs Nao & YurieAle
◯ sangría vs Si4&HIHA

BEST4
◯Rm sister vs YUKiNO&MEME
musica vs sangría ◯

FINAL
◯Rm sister vs sangría
優勝: Rm sister

WDC 2022 PHOTO_2.jpg

[HIPHOP]

BEST8
◯ YASS&Yusei[Battle guest] vs FLAVA
◯ sor@&TENKA vs Geek
◯ Mia & SHOGO vs Badass
◯ MOCCHIN & Youki vs Naked boy

BEST4
◯ YASS&Yusei vs sor@&TENKA
Mia & SHOGO vs MOCCHIN & Youki 

FINAL
◯YASS&Yusei vs MOCCHIN & Youki
優勝: YASS&Yusei

WDC 2022 PHOTO_6.jpg

[POPPING]

BEST8
◯ HARUKI&YUZURU[Battle guest] vs LRL
Y&K vs BOOGIE NATION ◯
◯Funk Satisfaction vs KAOZ
◯ Co-thkoo vs Hiroki&Jenes

BEST4
◯ HARUKI&YUZURU vs BOOGIE NATION
Funk Satisfaction vs Co-thkoo ◯

FINAL
◯ HARUKI&YUZURU vs Co-thkoo
優勝: HARUKI&YUZURU

WDC 2022 PHOTO_1.jpg

[LOCKING]

BEST8
◯ FULLAHEAD[Battle guest] vs O.D.R.Y
3 KICK SPLITS vs Dog-eat-Dog ◯
◯ KONAMI&HANA vs Cloud Nine.
◯ FRESH SEIJI & YUKARI vs G-FORCE

BEST4
◯ FULLAHEAD vs Dog-eat-Dog
KONAMI&HANA vs FRESH SEIJI & YUKARI ◯


FINAL
◯FULLAHEAD vs FRESH SEIJI & YUKARI
優勝: FULLAHEAD

WDC 2022 PHOTO_3.jpg

JUDGE'S COMENT




■KENTO
1票1票挙げる手に本当に重みを感じた日でした。ダンスバトルは1票にその人の未来を左右する可能性があるので毎回脳みそフル回転で望んでいますが、昨日のそれは自分の範疇を越えた出来事が目の前で起き続けて1票に自信を保つのがやっとでした。
ジャッジをしながらこちらの経験値が膨らんでいく感覚、ジャッジをやらせて頂いたと言う言葉が本当に1番しっくりきています。

ありがとうございました。

 

細かい内容はあそこにいた人達や映像から感じて貰うしかありませんが、この文章で少しでもあの勝敗を越えた熱気と感動が届く事を祈ります。

 

あの濃密な時間の中で1番印象に残っているのはYUZURUさん vs MASAOさんの構図ができた瞬間。

そしてLOCKINGの決勝。こちらが立ち上がらずにはいられない熱気。スタンディングオベーションになるのは必須でした。

 

個々の瞬間で言えばキリがないのでこちらで留めておきます。


■SHINICHI

全体的に良いバトルばかりでした。

2人のスタイルが全然違う方が結果的に強かったチームが多かったのかなと思いました。

若手から大御所まで幅広い世代が一緒になって踊りあう機会もなかなか無いと思うので、今回のWDCは非常に印象深い大会になったと思います。

 

どのジャンルも盛り上がってましたが、特にPOPとLOCKの決勝は凄まじかったです。

お互いの気持ちをぶつけて、それをもらって返して…最後はジャッジもスタンディングオベーションでした。

あの素晴らしい瞬間を目の前で見れて、本当に感動しました!

そして観客もバトラーもあんなに感極まって涙する人が続出したバトルも初めてでした(笑)

印象に残ったのはPOPのKAZUさんとWACKのメメです。

 

 

■小幸

WDC 2022にて

関わらせていただいた皆様

お疲れ様でした。

 

リアルな現場でのWDC 2on2の復活の場で

感動的な心震える瞬間をたくさん浴びて

幸せであると共に

審査させていただく立場として、その場にいて

全てを全力で受け止め続ける事に必死でした。

 

踊りを見て、勝手に涙が出てくるという

貴重な経験をさせてもらって

もぉぉぉ余韻がスゴイです。

 

全てのジャンルにおいて

それぞれのカルチャー、音楽の中で

2on2の相方を信頼して

それがルーティンでも、会話のような掛け合いであっても、

共鳴し合う瞬間。

さらに

個々のこだわり、鍛錬の蓄積、気持ちというモノは伝わり

人の心を動かすんだなと

改めてダンスのパワーを実感しました。

自分の専門ジャンルの

WAACKINGでは、

【Si4&HIHA】のWAACKINGに

この日初めて、大量の涙が出ました。

WAACKINGも、様々な魅せ方がありますが、

あの瞬間あの場での

気持ちの表現スキルや

その解放と魅せ方、ファッション、

メッセージを込めた小道具使い、

心と身体で、その時に流れた音楽で

伝えきっていて、

個人的にこの日の

WAACKINGのMVPチームとして

印象に残っています。

 

予選のsangría(美都留&おかよ)の

それぞれが持つ音楽性のあるダンススキルと

その中で魅せるナチュラルな目線や仕草、

佇まい、

2人の波長のマッチ感も

個人的にぶっちぎりの1位通過でした。

 

そして

Rm sister !!!

要素で合わせる阿吽の呼吸やルーティン、

2人から繰り出される空気感は

もはやSHOWをしてるのかと思うほどの

唯一無二感が、全てのラウンド印象的でした。

 

ベスト8

armonia vs YUKiNO&MEME

のMEME のパワフル且つ、空気を変えるゾクゾクするような表現力

 

MIKIさんの

一振り、一動作の説得力

にも

心動かされました。

 

そして、たくさんの名場面を音楽で引き出してくださった、DJ MAR SKI さんの選曲も震えました。

 

全てのジャンルで

本当にたくさんの感動を浴びた

WDC 2022

に感謝致します。

 

小幸


■CHIHIIO

最初から最後まで、最高最強バトルの連続で、忘れられない1日となりました。ありがとうございました。どれも本当にかっこよくて、甲乙付け難いダンスの連続で、頭が痛くなりました。

先輩方の本気と本気のぶつかり合い、負けられない闘い、気持ちの高め合い、特等席で1番至近距離で見させていただき、目頭が熱くなる瞬間が何度もあり、観客として見れたら、どれだけ楽しいかと。

ですが、今の自分なりの精一杯の全力で見させていただきました。

2on2なので、2人の空気感はもちろん、2人のダンスのバランスや、時間制限内でのアプローチの仕方がキーになったかなと思います。

また、四方八方にいる観客への魅せ方、空間の使い方も勝ちに繋がったのではと思います。

どの角度から見てもカッコイイ先輩方の背中は忘れません。

WAACKINGは、頭は冷静に気持ちは熱く、パフォーマンスに偏らず、リズムだけに偏らず、ですが、そんな今の自分を素直にアウトプットされていたダンサーに心が惹かれました。

色々な考え方があると思いますが、自己表現が大切で私がいちばん重要だと考えるWAACKINGなので、今の自分の好きなもの、"自分"を見つけて、突き詰めていきたいし、皆さんにもそれを大事にしてもらいたいと思いました。

そしてそれを表現するスキルがあると、より伝わるので、バトルとなるとWAACKINGは難しいとは思いますが、勝ちにこだわるなら、そこも大切かなと感じました。もちろんソーシャルな部分も忘れずにいきたいです。

 

全てのバトル鮮明に覚えていますが、専門ジャンルと、予選ジャッジさせていただいたキッズをあげると、

・WAACKING バトル

【musica vs sangría】

愛の伝わるダンスに心が揺れて、バトルというよりWAACKINGでの気持ちの伝え合いでとても感動しました。

【RM sister vs sangría】

ひと振り、ひと振りに人生の重さを感じ、4人が踊る度にピンスポが当たってるんではと感じる程のオーラ。

言わずもがな、それぞれお2人の空気感。カッコよかったです。

【sangría vs Si4&HIHA】

これぞWAACKINGなパフォーマンス、仕草でかっこよかったです。特に1曲目のSi4さんはソロコンサートを見ている気分になりました。

 

【Ryuji (armonia)】

入ってきた瞬間の空気をグッと締めて、世界観へ引き込まれました。

【MEME (YUKiNO&MEME)】

どんな曲でも彼女の為の曲に聞こえてきて、素直なアウトプットに心惹かれました。

 

・予選は上がりませんでしたが

【MIU + YUMEKA】高いスキルと、しなやかな腕、自分達のやりたい表現が外に出ていて、よかったです。

 

・KIDS バトル

【Rampagers vs NAUGHTY】

音楽に対する4人のアプローチがそれぞれで、気持ちの強さと、素直なダンスが素敵で、印象に残っています。

特にクランプの男の子のパワーに心惹かれました。

 

・KIDS 個人

【うーちーズ Houseの男の子】

しなやかででも気持ちを少しずつ上げていくクールで冷静だけど、彼のペースでギアを上げていく感じがとてもカッコよかったです。

【NANANE 菜花】,【You-ki, NENE Calmlava】

同じwaackerとして、フリースタイルでの魅せ方もしっかりアプローチされていて素敵でした。


■ATZO

W.D.Cに関わった全ての皆様、お疲れ様でした。

 

全ジャンルが2on2というカードで形式的には楽しめるコンテンツですが2人の信頼性と2人のスタイルを理解し合って戦わないと駒が進められないので過酷で奥深いバトルがたくさんありました。

各ジャンルで歴史やカルチャーが違うしダンサーの生き様も違うので難しいjudgeでしたが、やはりダンスはナマモノなので届くモノはしっかり届きました。

 

W.D.Cには初回から今まで何度も関わらせていただきましたが今回のPOPPING SIDEは今までで1番強烈でした。

僕達の先輩方になるとほぼ日本のオリジネーターになるんですが、その先輩達が変わらず燃えながら進んでいる姿と年齢関係なく目の前で全開でカマしてるのを見て日本人として誇りに思いました。本当に言葉では表せないくらい突き刺さりました。

僕が言うのもなんですが個人的にはKAZUさんがMVPでした。洗練されたスタイル、色気、マインド、泣きそうになるくらいかっこよかったです。

 

そして、POPPING決勝のゲストバトラーのHARUKI&YUZURUvsCo-thkooは音楽とエネルギーとスタイルと生き様の圧巻の化学反応でした。最高極まりなかったです。

 

全ジャンルに言えるコトなんですが、舞台上で4名が戦ってjudgeも含めて会場全体をロックさせるダンスって凄いなと強く思わせられる1日でした。

DJ陣の最高の選曲にもリスペクトです。

 

総じて間近で拝見させていただいて光栄でした。

ありがとうございました。


■マドカ

まず、今この時期にイベントを開催してくれたことをイチダンサーとして改めて感謝します。

今回はそんな中の開催ということもあってか全てのジャンル、一体感を感じました。

流行病が蔓延する前はイベントが多かった時よりも自分達ジャッジも含めて ストリートダンサーたちのこの時間に対する意識が大きく違ったと感じられる空間でした。

改めて全員気付かされた素晴らしいイベントでした。

予選はみんな気持ちが入っていたとは思いますがストリートダンスに人生を賭けてきたものを出した人間たち、賭けてきた重みを感じました。

その重さがかっこよさに直結する。それを証明した結果だったと思います。

これってみんな意外に忘れてることかなって思います。

それを思い出させてくれるような予選でした。

 

本戦は技術や見せ方といった普段冷静にやってることを超える何かのぶつかり合いでこれこそダンスだよ!って叫んじゃいました笑

 

とにかくかっこよかった

この言葉以外いらないかなと。

 

バトルなのでもちろん結果というものはありますが。

 

そんなものただのおまけでしたね。

 

本当に素晴らしかったです。

 

 

■TAKASHI

最高でした。

全てのジャンル予選から本戦まで見応えがありすぎてジャッジとしているのを忘れてしまうぐらい盛り上がってしまいました。

特に日本のシーンを作りあげてきた大先輩達のダンスには鳥肌モノでした。

ずっと輝き続けてるって本当に凄い事だなと思いました。

全ジャンル決勝バトルはハイレベル過ぎて見入ってしまいました。

poppingとlockingは会場も大盛り上がりで最高でしたね。

個人の名前を出すとキリがないくらい素晴らしいダンサーの連続でした。


■YOU

数年ぶりのバトルのジャッジだったんで終始とても新鮮な感覚でした。出てるメンツが凄かったのでとても刺激になりました。後、lockに関して感じた事は、若い子達は皆んな上手かったし、色々なスタイルがあって良かったんですが、その中でも自分のダンスのどこに気持ちを入れて踊るのかがまだみんなしっかり持ててないように感じて、1つでもそれをちゃんと持ってる人は勝ち上がっていくし、人に刺さる踊りができてると思いました。

 

ひとつ挙げるとしたら、ロック決勝のラストの曲のとこです。最後にロック本来の良さが出た感じがしました。

個人はそれの火付け役になったせいじくんです。